HOME > ぐうたらアズの独り言 > 4ページ目

ぐうたらアズの独り言 4ページ目

私の施術の原点



年明け早々、大変嬉しい事があり、気の向くまま、赴くままに想いの丈を綴っていきたいと思います。
26年お付き合いただいているお客様が6年ぶりにご来店。初回は主人が他界(肝臓がん)して3週間後、息子は私のお腹の中(八カ月)「福岡勤務になりました。東京・大阪・京都で単発で色々あって肌がボロボロ……」
キレイになった!!元気になった!!お客様と共に喜びあえるのも幸せですが、こうしてまたお越し頂けるのは、施術者としてこの上ない幸せです。息子は、正常に生まれてきませんでした。顔○○○、口の中○○○、目の形は正常ですがはたして見えるようになるのか……
耳……カンカンカン、ゴトゴトゴト、電車の音が聞こえると顔を傾けます。(産院はJR駅の近く)(私は大きなお腹かかけて電車通勤していました。息子は私のお腹の中でしっかりと頑張っていたのです。)
私は思っています。これは長崎原爆(私の父が被爆)の残した悲惨で残酷な傷跡だと………

スポーツ特進クラス(高校)を1ヵ月足らずで中退し引きこもりになった時は手術は受けなくてもいい!!生きる価値がないから死ねと言ったことも……(ひどい母親)でも自信はありました。息子は私が悲しむ事は絶対にしないと……
親子げんかで救急車がきたこともあります。(私の深酒での失敗)10ヵ月アルバイトをして、又手術、通信で高校を卒業し大学に進み、大阪付属病院で3回手術、こちらに戻って2回手術。
3才迄に5回・15才から24才迄7回の手術です。150~200万の手術を育成医療、身体障害者医療で受ける事ができました。日本は本当にありがたい国ですね。

今年息子が自立して建設現場で働いています。30才迄に取りたい国家試験があるそうで目的がある勉強は、楽しいようです。中学校の成績はほとんど2でしたが体育だけは4(野球部中体連県大会優勝、センターでした。)宅建を参考書を買って3ヶ月勉強、1回で合格しましたから頭は悪くないようです。

息子は自分の為に私がとてもつらくて苦しい思いをしてきたと思っているようですが、私は息子のお蔭で強い信念と気力(これがなかったらとっくの昔に天国か地獄)で、この年まで生きながらえてこれたと思います。

私は息子が小学校に上がる前、蓄膿症(耳鼻科半年、鍼灸院2年)1回で………鼻から喉に膿が落ちて臭いのなんのって!!あの臭い、クサ~イ記憶は今でも愛しい息子にも鮮明に残っているようです。

~これが今の私の施術の原点です。~


<<前のページへ1234

アーカイブ

このページのトップへ